Home > 診療のご案内:入院診療

入院診療外来診療

 

血液病棟

 

血液外来
Class100の無菌室血液外来Class10,000の無菌室

NASA仕様の無菌室26床を完備しています。

血液疾患は6H病棟(中央棟6階)と14H病棟(中央棟14階)で入院診療を行っています。定床数は41床ですが、常時50人以上の患者さんが入院されています。
疾患は主に白血病骨髄異形成症候群悪性リンパ腫多発性骨髄腫再生不良性貧血などです。

6H病棟は無菌室を有する病棟で、患者さんは無菌化された空気の中で生活し、口や鼻からの感染(経気道感染)、特にアスペルギルス肺炎の発症を予防します。無菌室はNASAのクラス100が9床、クラス10,000が17床の計26床で、患者さんの入退室の調整は造血細胞治療センター小運営委員会が行います。

 

*造血幹細胞移植

当科では1989年から造血幹細胞移植療法を開始し、2010年4月現在450人の患者さんに造血幹細胞移植を行ってきました。腫瘍・血液内科、小児科、看護部、輸血部、放射線治療部、麻酔科、栄養部、業務課、施設用度課で東京慈恵会医科大学造血細胞治療センターを構成し、運営小委員会が移植患者さんの調整を行います。骨髄移植推進財団との連携も密に行っており、非血縁骨髄移植施設、非血縁骨髄移植採取施設、非血縁HLA不一致移植施設、非血縁骨髄移植海外協力施設に認定されています。

 

腫瘍病棟

 

血液外来がん薬物療法専門医に必要な複数臓器にわたる癌治療の専門研修が可能です。

腫瘍内科の病棟専属担当医師は4人おり、腫瘍・血液内科病棟および外科病棟を含めて入院患者数は平均20人います。疾患は主に消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌)肝胆膵疾患(胆嚢癌、胆管癌、膵臓癌)乳癌などです。院内では、定期的に他科とのカンファレンスを開催しています。
特に消化器癌、乳癌カンファレンスにおいては、腫瘍内科医、外科医、放射線科医、形成外科医、内視鏡医、薬剤師、看護師らと合同で症例検討会を行っています。

 

 

●緩和医療に関する研究

 

終末期がん患者の疲労に対するサイトカインの検討

サイトカインに対する抗体療法など分子標的治療に、がん患者の疲労の原因となるサイトカインが明らかになれば、より、特異的で副作用の少ない治療法の開発につながります。

 

 

ページトップへ戻る↑